8 million
IDs

This blog introduces interaction designs in the world!

Wearable Forest

2008 年 8 月 22 日

ブラジル出張と休暇のためしばらくblogを放置気味でしたが,本日より再開いたします.

今日は,Siggraph 2008 Slow Art::Ryhtmsで発表されていたWearable Forestという作品を紹介します.

wearableforest.jpg

Abstract

Wearable Forestは,遠隔地の森のサウンド情報に基づき,光と音を生成する服である.
物理的な距離にかかわらず,自然を体感できる機会をユーザに提供することを意図している.この服には,スピーカー,LED,組み込みコンピュータが内蔵されており,無線通信にて,ネットワーク越しの沖縄のある森からの音声データを取得している.

# 詳細な仕様やビデオ等は発見できませんでした.

植物を含む自然をインタフェースとして利用することに満足するのではなく,それがどういう意味を持ち,どういう意図に基づいて利用されうるのか,という点について考える必要がある.

Idea

自然との関係性を(文字通り直接的に)体感するインタフェース.

Meta Info

:: desiner
Ryoko Ueoka
Hiroki Kobayashi

::affiliation
The University of Tokyo

::Publications
Wearable forest: feeling of belonging to nature
ACM SIGGRAPH 2008 art gallery
Los Angeles, California
Pages 103-103

::URL
unknown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です