8 million
IDs

This blog introduces interaction designs in the world!

AudioCubes

2008 年 5 月 27 日

振り返ってみるとデバイス系の話が続いていますが,今回もデバイスの話です...今日はタンジブルインタフェースでサウンド生成というAudioPadreactableの流れ位置する研究を紹介します.これらはすべてIDの取得方法が異なっており,それらの比較検討だけでも参考になります.

audiocube01.jpg

Abstract

AudioCubesは,直観的なサウンド生成を可能とするタンジブルインタフェースである.AudioCubesは,Sender,Receiver, Sensorの3つのモードを持つ.まず,SenderとReceiverはペアとして機能し,MIDInote,ないし,MIDIcontrolを通信し,ソフトウェア上の任意のパラメータを変化させる.次に,Sensorについては,フィルタとして機能し,ソフトウェア上の任意のパラメータを変化させる.なお,これらのモードの設定,割り当てる機能の設定についてはUSBケーブルを接続し,ソフトウェア上で行う.

本デバイスは,オプティカルセンサ,IRLED,フルカラーLED,バッテリで構成されている.立法体の4面のサーフェイスに組み込まれたIRLEDをトランスミッタとして利用することで,現在どのIDを持つサーフェイス同士が直面しているかを認識することができる.認識したサーフェイスのID(1~4)に応じて,フルカラーLEDの光が点滅する.

audiocube02.jpg

なお,AudioCubesは,オリジナルソフトウェア上のMIDIBridgeを経由して,市販のソフトウェアにMIDI note,MIDI Controlを送信することで,サウンドを生成している.サンプルムービーででは,Reason,Liveを用いたデモを確認できる.



ちなみに4つで649ユーロらしいです.

Idea

TUIでしか実現できない要素とは同時操作である.

Meta Info

:: desiner
Bert Schiettecatte
Jean Vanderdonckt

::affiliation
Percussa Inc.

::Publications
AudioCubes: a distributed cube tangible interface based on interaction range for sound design
TEI 2008
Pages 3-10
Bonn, Germany

::URL
audio cubes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です